闇金に強い弁護士に助けてもらう

司法書士事務所に大変お世話になり、借金問題を無事に解決することができることになりました。
普通の消費者金融でも数社限度額いっぱいまで借りていましたし、
ましてや闇金にまで手を出して、相談するのにも勇気が必要でしたが
司法書士の先生は真摯に対応してくださって、本当にありがたかったです。
やはりこういうときは法律のプロの力を借りるのが一番なんですね。
闇金業者のほうはそもそも違法なので、借りたお金を返さなくてもよくなり、
また、普通の消費者金融のほうも任意整理で、借金額を減額してもらえる
ことになったので、月々の返済の負担がものすごく楽になりました。
月に3万円ほどの支払いを3年間弱かかって支払えばすべてが終わりになる
段取りをとっていただいたので、今、真面目に返済しています。
こうして債務整理をした後のお金には利息がかかってこないので、
返済しただけすべて元本が減っていくというのは返済のモチベーションにつながります。
やはり、借金問題で辛いのは、毎月毎月、結構な額を支払っても、
利息分からあてられてしまってなかなか元本が減っていかないために
いったいいつまで支払えばいいのかと先が見えないことだと思います。
きちんと支払いの終わる期限が決まっているということがこんなにも
ありがたいことだとは思っても見ませんでした。
ついついギャンブルにハマってしまい、消費者金融からお金を借りただけではなく
消費者金融に見せかけた闇金業者からもうかつに借りてしまってもうダメかと
落ち込んでいた時間が今、思うと本当にもったいなかったと思います。
最初からこうして相談していれば、長い間苦しむこともなかったですよね。
ヤミ金相談って、他の人もたぶん、なかなかしにくいって思っているんじゃないでしょうか。
でも、闇金に強い弁護士や特化している司法書士の先生もたくさんいますし、
実際に相談してみないとわからないことかもしれませんが
相談するこちらが馬鹿にされるということもなく、また、費用も融通をきかせてくれて
分割での支払いに対応してくれるので、そちらも安心です。
どうしても不安な人にはメールや電話などで匿名での相談をすることも可能な
法律事務所もあるらしいので、そちらを利用してみるのもいいでしょう。
そういった情報は、ネットを使って検索すればすぐに法律事務所専門の
ナビゲーションサイトやランキングサイトが見つかると思いますので、
複数から比較検討して決めるといいかと思います。

闇金対策の最初の一歩は誰かに相談する事です

闇金対策は債務者自身では出来ません。何故なら借りた弱みがあるためです。債務者が債権者に強く出る事はほとんど無理と言って良いでしょう。債務者自身で対策を取れないなら、他の第三者に相談し、サポートして貰う必要があります。

闇金対策のノウハウを一番知っているのは、弁護士です。

弁護士の中でも闇金トラブルをたくさん解決してきた弁護士です。こういった弁護士に早く相談する事で、違法業者から受ける被害を最小限に抑える事が出来ます。強硬な態度の闇金であっても、弁護士に対しては態度を変えます。相手は法律を熟知したプロであり、紛争性の高い問題を解決するプロです。債務者と同じような交渉、話し合いには持ち込めません。

債務者が弁護士を代理に立てた時点で、相手方へのプレッシャーになります。業者にもよりますが、以前よりは嫌がらせ、督促の態度が柔らかくなります。違法業者に対して債務者一人で立ち向かうのは無謀です。一人で悩んでいる行為は時間の無駄です。難しい案件を解決してきた弁護士に相談しましょう。

借金を踏み倒す

早いもので、もう秋になりましたね。
この時期になって、ふっと思い出したのが、数年前に引っ越しをしていった
ママ友のこと…。
実は、そのママ友一家はいろいろなところからお金を借りていたらしいんですけど
その支払が滞っていたらしくて、結局、ほぼ夜逃げしてしまったんですよね。
まー、かなり仲のよかった私には、サラ金も時効の援用でなかったことにできるとかって
話してましたんで、きっと、時効狙いのための逃亡だったんでしょうね。
確か、もう5年は経過したと思うんですけど、消費者金融からお金を借りたのだとすれば
時効の援用ができるようになってる頃合いだと思うんですけど、
実際問題として、時効って成立させるの大変らしいから上手く行ったのかどうか。
貸主としては当然、時効で借金チャラにされちゃたまらないわけで、
時効が成立しないようにあれこれ策を講じるわけですよ。
夜逃げとかしでかした場合、逃げた本人の知らないところで、裁判起こせば
その時点から時効制限がリセットされてしまってそこから期限が10年に
延長されてしまうっていう…。
で、時効援用するには、債権者相手に「時効使って借金チャラにするよ」って
本人が連絡しなければならない(まあ、ちゃんとした内容証明郵便だからこんな軽くはないけど)
わけで、本人としては5年たって時効成立って思っていても、実際、無効だったら
連絡したことによって、今の居場所がバレて払ってくださいって言われるの必死。
しかも、支払いが遅れた分、上乗せされてしまうお金まで含まれるわけだから
事態は逃げる以前より悪化してるわけですよ。
そうなっちゃったら結局は債務整理とかしないとダメになったりするわけで。
正直、それなら、仕事を変わったりとか引っ越しの手間とか考えると
最初から債務整理をしておいたほうがいいんじゃないかなぁって
第三者的には思うんですけど、本人としては違うんでしょうかね。
まあ、夫婦で借金してるわけですから、ひょっとしたら、自分は本当は
反対していたとしても、夫の意見に逆らえなくってとかあるのかもしんないけど。
以前、付き合っていたときの様子だと、なんだか、夫に逆らえない雰囲気が
あったんだよね…お金に困っていたっていうのも生活費もあんまり
貰えてなかった感じだったし。
これって経済的DVってやつだよねぇ?
今になって思うと、子供まだ小さいのに、すぐに2人目産んでて、さらに
3人目も妊娠中とかだったから、もしかしたらそういうDVもされていたのかも…。

パチンコで自己破産

安易にカードローンの契約をしてはいけない。
当たり前のことかもしれませんが、本当の意味でこれを理解していなかったんだなぁと
自己破産をした今、思います。
自己破産をした借金の理由はなんということはない、ギャンブルでした。
特に趣味もなかった私がパチンコと出会ったのは大学生の時でした。
すぐにのめり込んでパチンコ店に通うようになり、社会人になったころには
すっかりギャンブル依存症になってしまったのです。
パチンコ借金地獄の恐ろしいところは、他のギャンブルに比べて、
店舗が多くあって、生活圏のあちらこちらで手招きしているということです。
スーパーの隣だとかにあると、特にパチンコを目的としてでかけたわけではなくても
ついついふらっとパチンコ店のほうに立ち寄ってしまうんですよね。
まあ、普通の人はそんなことはしないんでしょうけど、私のような
意思の弱い人間だとそうなってしまうんです。
最悪なことにヤミ金にも手を出してしまうところまでいってしまい、
そこでの返済も滞納してしまったので、家にまで業者が取り立てにきたり
督促の電話がたくさんかかってくるようになりさすがに家族に借金のことが
バレることになり、結局、家族に後押ししてもらう形で、司法書士に
借金問題の相談をすることになりました。
しかし、ヤミ金の取り立てが会社にも来ていたりして、ちょっと会社に
居場所がなくなってしまったため、仕事を退職していた私には
借金の返済能力がなく、すべての財産を失うかわりに、借金を全額
免除してもらえる自己破産という債務整理方法をとることになったのです。
これが、まだ、働いていられたら、個人再生や任意整理といったまだ
デメリットの少ない債務整理方法もとれたんでしょうけど…。
結局は正規の貸金業者である消費者金融や銀行以外からはお金を借りてはいけないということですよね。
ヤミ金だけには手を出すべきではなかったんです。
しかし、債務整理をしたこと自体は後悔はしていません。
借金の取り立てに追われる日々はやはり精神的にものすごく追い詰められるものですし
それから開放されたというだけでも本当にほっとして生活できています。
家族にも心配されたので、これからはもっと孝行していかないとなと思います。
といっても、破産者にできることってたかがしれていますけども。
まずは心配かけないように再就職をするところからですよね。
きっと、親っていうものは一番は子供の自立を望んでいると思うので。

即日でキャッシング出来るか比較する

今まで、消費者金融でのお金の借金について、ちょっと勘違いしてたみたいです。
自分自身が借りたことがなかったからっていうのもあったんだけど、
ネットとかで、そういう融資関係のサイトとか見ても、「即日融資可能」だとか
そういうアピールが多くて、借りる都度に審査とかあるんだと思ってたんですよね。
それが、友達が、そういう消費者金融のカードローンでお金借りてくるわって
行って、さっとATMでお金を引き出してたのを目の当たりにして
ちょっと驚いてしまったんですよね…。
だって、まるで、銀行のキャッシュカードでお金を引き出すのと変わらないじゃないですか。
一番、最初のときは審査があるらしいんですけど、一旦契約して、
ローン用のカードを作ってしまったら設定されている限度額までは
自由に使えるものなんだそうです。
なるほど、こんなふうに使えるものだからこそ、ついつい、自分のお金のように
借金したお金を使ってしまって、どんどん借金を増やしてしまうっていう
人がいるっていうわけですね…。
いちいち借りる都度、いくら借りたいですとかって申請していたら
やっぱり面倒で借りる気もなくなってしまいそうなものですよね、考えてみれば。
あ、前述の友達は結構、こうやってカードローンのキャッシングは
利用しているみたいなんですけども、そのことについて、自分が
とやかく言うつもりはないですね…。
まあ、自分は極力、借金はしないでおこうと思っているんですが、
友人が借金していても、こちらにお金を貸してくれと言ってくるんじゃ
なければ、友達付き合いに支障はないかなって思いますしね。
それにしても、こうやってお金を借りてまでして何に使ってるんだろうって
いうのが謎ですね…(^_^;)
別に彼はギャンブルとかするわけでもないですし、ブランド物を
買いあさっていたり、あるいは車やバイクなんかのお金のかかるような
趣味っていうものもやっていないんですよね。
もともとの収入だって自分とそう大差ないはずですし、自分のほうは
月々それなりに貯金できていってるから、本当何がそんなに差が出るんだってかんじです。
目に見えないような細々した無駄使いとかですかね??
そういえば、コンビニとかよく利用してたりはしますね。
自分はわりとケチといいますか、もったいない精神で
コンビニは高いから、必要なものがあればスーパーなんかで
買ったり、事前に用意してきたりするんだけど、そういうものも
ちりも積もれば…って感じになるんでしょうかね。

借金問題は決して甘くない

若いうちは特に深く考えることもなく、遊ぶお金にこまると
消費者金融でちょくちょくお金を借りる生活をしていました。
返済もなんだかんだと結局はなんとかなっていたので、問題とは
思いませんでしたし、周囲の友人も私と同じようにカードローンを使って
キャッシングする生活をしていましたので、これが普通だと感じていました。
ですが、どうもこれは類友というやつで、こういったものを一切利用しない人は
そういう人たちでグループになっていて、むしろ、そういう人たちのほうが
多数派なんですね…それに気づいたのはずいぶんと後になってからでした。
習慣的に借りる生活をしていると、徐々に借りている借金総額は増えていきます。
だんだんと、返済をするのもきつくなりはじめ、とうとう、何かに使うから
お金を借りるのではなく、返済するためにお金を借りるようになってしまいました。
一度、そうなると、そこからは加速度的に借金をするペースが早まります。

返済の目処が立たないのに次の融資を求めてしまい
常に返済と借り入れのことで頭の中は一杯です。
そしてその状態が続くと破綻にたどり着きます。

収入の3分の1までのお金しか借りれないという総量規制は、1社ごとの設定ではなく
すべての消費者金融の合計額だからです。
いよいよ借金が返せないという状況に追い込まれてから、やっと私は
これはまずいと自覚し、弁護士事務所に借金相談に行くことにしました。
結局、弁護士の先生に勧められた任意整理という債務整理方法をとって
借金の減額をしてもらい、なんとか残額を3年に渡って返済して、
それがやっと去年終わることができました。
任意整理をすると、その後の借金は自分が無理なく返済できる額にしてもらえますし
利息がつくということもないので、本当に生活が楽になりました。
もちろん、全額免除というわけではないものの、借金を一部チャラにしてもらったので
その分だけ、信用情報に事故物件として残ってしまうことになるわけですが
債務整理をせずに人生を立て直す手段はたぶんなかったと思うので、後悔はしていません。
やっと、借金から開放されて今は本当にホッとしています。
馬鹿なことをしてきた自分ですが、それでも、闇金だけは手を出していなかったということも
大きくプラスに働いたかな?と思っています。
もし、借金で困っている人がいたら、さらに借金をするのではなく、
債務整理をする方向に動いたほうがいいとアドバイスしたいです。

闇金の求人情報は見つからない

金融会社へ就職を検討するなら闇金へ就職してしまう可能性はなくもありません。基本的にしっかりと裏の世界を熟知して営業している会社なら外部の人間をそんな簡単に引き込むようなリスクは犯さないものですが、一応そうした可能性もありえることを知っておきましょう。基本的に闇金の求人情報は見つかりません。今はインターネットを使うなど、かなりいろんな手段から求人情報を探していくことができますが、そうした一般的に募集を誰もが探すことができる媒体で募集を見つけることはできません。闇金はいろんな会社の組織がありそうですが、単体として一つの会社だけで成り立っているわけではなく、その裏にはもっと大きな組織がついている可能性も高いことから、闇金の求人はそうした組織において出されている可能性が高いです。もし、こうした会社で仕事をしたいと思うのであれば、まずは裏の組織を探してそこへ入会することからはじめてみるとよいです。しかしながら、あまりお勧めはできません。